住民税を半年滞納で督促状

住民税は、前年度の収入を基準に翌年に支払うため、退職後収入がないのに支払わなければならず、ついつい支払いが遅れてしまうことも・・。
そんな方の体験談、行政について思うことをまとめました。
40代女性からの投稿

仕事がなく無収入の時に住民税を滞納しました

当時、独身の頃20代で、就職しており、7年勤めていたのですが、そこしか知らない状況が怖くてそこを辞め、
バイトや派遣社員などで、やって行くことにしました。
私は次の仕事を探す期間の無収入期間、住民税を半年くらい滞納しました。
行政からは督促状が届きました。退職金などが後日入って来ましたので、全納しました。

裕福な人がもっと税金を払えばいいのに・・

よその国に比べれば、日本はまだ良い方だ、とよく聞きますが、税金を取られてばかりで、決して、生活面では向上しづらいのが現実です。
つい最近、お店をやっている友人と、この話題になり、税務署に申告に訪れた際、
職員の方に「これだけの売り上げで、こんなに税金を支払えば、家の家族は後いくらで生活しないといけないのですかね?」と言うと、
「そうですよね、でも国が世帯モデルケースを作ってちゃんと計算した数字ですから。」とおっしゃったそうです。
勿論、その職員さんに何の非もありませんが、よく新聞で目にする、先ほどの4人家庭の家族のモデルケースなんて言うのを収入別に書いてあるのを見ていると、
何だかとても虚しくなって来ます。
だから、裕福な人はそれだけ国に還元すべきだと思います。
仕事も無い、物価も高い、そこへ向け貧困な子供が多いのは政府の怠慢では無いのでしょうか?
それでもやはり国全体で考えると、今税金を引き上げないといけないのでしょうか?
よくニュースなどで、街でインタビューされている方々は(特に年輩の男性)消費税は上げるべきだ!!とおっしゃってますが・・。
逆に、私と同世代の子育て世代の主婦層は、やはり第一に目の前の生活が掛っているとあり(どなたでもそうですが)反対派意見が多かったように思えました。
難しいかも知れませんが、多くの人が少しでも住み易い国になれば良いと常に思っています。